夏の終わりに降る雨は猛暑を乗り切ったご褒美のようで、心地よく吹き渡る風は秋を運んで、空と雲が少し高くなってきました。
9月10日土曜日は十五夜、たまにはススキとお団子をお供えして一年で最も美しいとされる「中秋の名月」を愛でながら、虫の声を聞き、忙しかった頭と心を空っぽにする時間、良いじゃないですか。
『天高く馬肥ゆる秋』気をつけなきゃと肝に銘じるこの頃です。